スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

組み体操ってなんじゃらほい?

私が30年前(1987年)に卒業した中学校の、“卒業アルバム”を引っ張り出してみた。アルバムの最後の見返しの部分に、前年の秋の運動会でおこなった「組み体操」のモノクロ写真がある。懐かしい写真だ。その中央――俄に信じがたい高さに、人が立っている。いわゆる人間タワーである。てっぺんの高さを単純に計算してみたのだ。タワーは4段構造となっているから、中学生の身長を165センチと考えてその4倍、660センチ。  え、6メートルを超えて7メートル近い? タワーの周囲にいる地上の先生ら5人が、確かに、遥か上を見上げている。これは凄い。トラックの外側にいる生徒や大人達がほとんど、この7メートル近い人間タワーに釘付けなのだから、運動会の演目としては花形。最大級の見せ場、ハイライトだ。だがこの後、てっぺんにいる生徒は、突如、地面に落下するのである。 §
 先週14日の朝日新聞朝刊の1面で、「組み体操中止 中学3割」の見出しの記事を読んだ。ここ数年しばらく、たびたびメディアで取り上げられている「組み体操」の事故問題に鑑みて、同新聞は全国から74市区の教委にアンケートをおこなった。  その結果。教委が「組み体操」の実施を把握していた学校は小学校が57市区、中学校が54市区で、2016年度に「組み体操」を実施した小中学校の数は、前年と比較すると小学校で2割減り、中学校で3割減ったという。この「組み体操」によるけがの報告件数も、前年と比較するとおおむね減っているようだ。
 それは言い換えれば、ここに来てようやく、何十年と続いてきた「組み体操」の改善が求められてけがが減り始めた一歩――に過ぎない。同新聞の別の記事を見たら、「組み体操」による事故の内訳がグラフ化されていて興味深かった。2015年度の事故の件数は8000件で、多い順に、挫傷・打撲が2922件、骨折が2157件、ねんざが2132件。けがをした「組み体操」の技で多いのは、タワー、倒立、ピラミッド、肩車という順。これらの統計データは日本スポーツ振興センターによるものである。  また新聞記事では、タワーとピラミッドの正しい組み方なるイラスト(日本体育大・三宅良輔監修)が掲載されていた。各学校の裁量で、「組み体操」を中止しない場合でも、タワーや人間ピラミッドといった大技をやめたり高さを制限したり、別の集団演技にしたり、といった教育現場の…

最新の投稿

劇団鴻陵座『OH MY GOD!』を観たの巻

香り高き映画『バリー・リンドン』

原野の如く―佃煮と童のあとずさり

男に異存はない。包茎の話。

映画『ミザリー』のこと

柳瀬尚紀のユリシーズ

キューブリックの『シャイニング』

ノヴェンバー・ステップス―腐蝕の音楽

武満徹―暗い河の流れに

僕は一角獣